喜寿(77歳)の祝いプレゼント、今人気の贈り物はコレ

MENU

父への喜寿祝い

喜寿というのは、77歳の誕生日のお祝いです。
数え歳でお祝いするのか、それとも満年齢でお祝いするのかは、人それぞれですが、満年齢77歳の誕生日にお祝いする人が多いようです。
お父さんの77歳の喜寿のプレゼントには、いったい何を選べば良いのか、いつもの誕生日とは違う、喜寿のお祝いですから、頭を悩ませてしまいますね。

 

喜寿のお祝いでは、親戚や、孫などが一同に集まってお祝いすることが多いようです。
家に集まったり、どこかのレストランやホテルなどを貸し切って、家族みんなで美味しい食事をいただきながら、楽しい一時を過ごして、喜寿のお祝いするのが一般的です。
このようにみんなで集まって、わいわいと食事をすることが、お父さんの喜寿の一番のプレゼントとなるでしょう。

 

それ以外に、なにか贈り物をするとしたら、記念に残る物も良いですね。
最近流行っているのが、贈りたい人の名前をもとして詩を作ってもらい、額縁に入れる「名前の詩」です。
名前の一文字一文字を使った詩で、喜寿にふさわしい、これまでの人生を振り返るようなポエムにしてくれます。
「名前の詩」のサービスは、ネットで探すといろいろと出てきます。
値段も良いのですが、それ以上の価値がある心温まるポエムですし、部屋に飾っていつも眺めてもらうことができるのでおススメですよ。

 

他にも、孫やひ孫などからの手作りの絵や手紙も、最高のプレゼントになるでしょうし、自分では買わないような、ちょっと高級な寝具などを贈るのも良いですね。
これからもずっと元気で長生きしてもらうために、ぐっすり熟睡出来るような、寝心地の良い布団や枕をプレゼントにしてみてはいかがでしょう。

 

母への喜寿祝い

60歳の還暦祝い、70歳の古希のお祝いに続く長寿のお祝いが、77歳の喜寿のお祝いです。
母親への77歳の喜寿のプレゼントには、いったいなにをすれば良いのでしょう。

 

60歳の還暦祝いは、赤いちゃんちゃんこを着てもらうという習わしがありますが、77歳の喜寿のお祝いでは、紫色のものをプレゼントするという習慣があります。
これは古くからあるしきたりで、今でも喜寿のお祝いでは、紫色のものを選ぶ人が多いようです。
しかし、最近ではこのような昔からの伝統や習慣にとらわれない人も多くいて、その人に合った、好みの物をプレゼントに選ぶ人も増えています。
喜寿のお祝いということを意識しないで、母親の好きな物、喜ぶものをプレゼントするのが一番かも知れません。

 

これまで育児や家事、仕事などで頑張ってきた母親の長寿をお祝いする日ですから、出来るだけたくさんの親戚、孫に来てもらい、一緒に食事をしながらお祝いをしたいですね。
家に集まったり、近くのレストランなどでお祝いのパーティーをするのも良いでしょう。
あまりにも長時間のパーティは、体調面も気になりますから、本人の負担にならないように配慮も必要です。

 

喜寿のプレゼントには、このようなパーティが一番の贈り物になりますが、他にもお花や和菓子、フォトフレームや扇子なども記念の品物として用意しても良いですね。
最近人気があるのが、体験型のカタログギフトです。
元気なお母様になら、このような体験型のカタログギフトをプレゼントしても喜ばれることでしょう。
温泉での宿泊プランやレストランのお食事などの体験商品を選ぶことができますよ。

 

 

相場

77歳の喜寿のお祝いでは、親族や家族が集まって食事をしてお祝いをするのが一般的です。
また、その際に記念のプレゼントを贈りますが、品物ではなくて、ご祝儀としてお金を渡すこともあります。
ご祝儀であれば、本人が好きなようにお金を使ってもらうことができますし、プレゼント選びに頭を悩ませることもありません。
この喜寿祝いのご祝儀の金額は、はっきりと決まっているわけではないのですが、一般的な相場もあるので、参考にはなるでしょう。
贈られる人とどんな関係なのかによっても、ご祝儀の相場は異なりますから、参考適度に知っておくと安心です。

 

両親に贈る場合には、2万円から3万円が相場です。
孫から祖父母へ贈る場合には、1万円から3万円で、親族へ贈る場合には、5千円から1万円、さらに恩師に贈る場合には、1万円から3万円程度となっています。

 

これはあくまでも平均的な相場ですから、これよりも少なくても、多くても問題はありません。
経済的に余裕がない方であれば、無理をする必要もないでしょう。
本人にとっては、喜寿祝いで親族や孫達が集まってくれて、お祝いをしてくれることが一番嬉しいことです。
孫からの手紙や絵などもお金には代えられない嬉しいプレゼントになるでしょう。

 

喜寿祝いに招待されて、ご祝儀を包んでいく際には、表書きは、「長寿御祝」「祝喜寿」「寿福」などとします。
また、当日参加することができない場合には、プレゼントは喜寿のお祝い会がある前日までには届けるようにしましょう。
喜寿祝いの相場を一応は紹介しましたが、本人にとって本当に嬉しい物を贈ったり、楽しい時間を一緒に過ごすことを大切にしたいですね。

更新履歴